陽だまりの彼女 (新潮文庫)

陽だまりの彼女 (新潮文庫)


今日読み終えました。


「まさかあんなに伏線がバリバリに散りばめられているとは・・・・w」


って感じでした。
最後の最後まで二人がどう転ぶか分からなくて、「もうあと数ページしかないよぉぉお!?!?」みたいになりますよw
まぁ、確かに「前代未聞のハッピーエンド」ですが、途中が甘甘なぶん、ちょっと切なくなりますね。
みんなも動物は大事にしようねw

↑そんな小説「陽だまりの彼女」に出てくる、ヒロインの好きなビーチボーイズ
「素敵じゃないか」です。