まるで納豆

最高峰 - こまっちょの時々日記

去年の記事で「マクロスプラス」の戦闘シーンを紹介しましたが、今回はあのシーンで使われている
板野サーカスという表現技法についてです。

アニメーター板野一郎氏によって確立されたアニメの技術的手法。板野サーカスを簡単に説明するならば、「高速で動く物体とそれを追う高速で動く物体を、高速で動くカメラが捕らえた映像」である。

画面いっぱいに埋め尽くされるミサイル群に目を奪われがちだが、重要なのはミサイルの数ではなく、空間のデフォルメである。いわゆる嘘パースを極限に高め、それを高速なカメラでまわしていく事で、迫力ある映像美を実現することが可能となっている。


板野サーカスとは」ニコニコ大百科より


↑の動画は「板野サーカス」の寄せ集めですが、驚くべきことはこの動画の3分半ぐらいまではすべて手書きであるということw
D
↑は、その手書きの中でもめちゃくちゃ凝ったつくりになっている「伝説の5秒」です。5秒のあいだに何回もミサイルを撒こうとしているところはコマ送りで確認しないと分かりません。