宇宙雑記①〜星の音を聴く〜


―宇宙、そこは最後のフロンティア・・・
スタートレック」より


今回からしばらくは、こまっちょの大好きな宇宙について色々と更新し行こうと思います。
「沖縄旅行記」ぃ?んなもん知るか!!w


まず最初は、「星の音」です。(まぁ普通に宇宙について語っても面白くないのでw)
こんな題名だと、なんだか波動だの念だの、胡散臭いスピリチュアルな話っぽいのうwww



地球の音

地球から発せられている電磁波の振動を、人間に聞こえる音に変換したものです。
NASAが作ったようです。
「ぴょーん」とか人工的な音や雑音が聞こえてくるのは人間が作った機械が電磁波を出しているからでしょうか

「星の音」にはそれぞれの星の個性みたいなのが現れています。自然に発せられているものなのに不思議!!w

D
太陽の音

流石、太陽!って感じの迫力の重低音w近寄りがたいような雰囲気です。


D
土星の音

NASA、探査機『カッシーニ・ホイヘンス』が収録した「土星の音」を公開 « WIRED.jp

米航空宇宙局(NASA)は最近、土星とその衛星を調査している探査機『カッシーニホイヘンス[Cassini-Huygens:土星及びその衛星の回りを回る周回機「カッシーニ」と、衛星タイタンに突入するための突入機(プローブ)「ホイヘンス」から構成される]が収録した音を公開した。

昔のSF映画のBGMのまんまですね。「不思議ちゃんみたいな音」とのコメントもありました。

D
木星の音

「人が作ったもので世界で一番遠く(約170億6000万km)にあるもの」である無人惑星探査機「ボイジャー1号」が木星に接近したときに観測された電磁波を音に変換したものです。
 
普通に環境音楽みたいですね。
現在、ボイジャー1号はどこにいるかというと・・・・っと、これは次のネタにしよう!w

D
D
天王星(とその環)の音

これも、ボイジャー1号が観測した電磁波を音にしたものです。
 
太陽から遠いからか、寒々とした、吹雪みたいな音ですねwww鍋食いてぇww
これも環境音楽みたいでずっと聴いてられますね。

D

海王星の音

太陽系の惑星中、いちばん遠いだけあって、こいつぁガチで寒そうな音だなぁw
 
この海王星に吹く風は、最大で時速2,000km(秒速5600mくらい)。
ハリケーンでも秒速150mを超えないので、これがどれほど強い風か・・・!w

はぁ・・・( ´Д`)疲れたよw
んじゃ、次は無人惑星探査機の中からいくつか紹介したいとおもいます!!

つづく!!