沖縄旅行記〜国頭村編②〜

大きなつり橋です。大きなジョロウグモが巣をつくり、イシガケチョウが飛び回っていました。


写真の真ん中の白いものがイシガケチョウです。羽の模様が石垣に似ていることから名前がつけられたようです。

この森の奥には「比地大滝」という大きな滝があります。当日は「雨が降った後だったので水量が増し、いつもより雄大な感じ」なそうです。

驚きの碧さ!じっと見つめていると吸い込まれそうな深い青緑です。
滝に近づいていくと大きな岩(5mくらいの)がゴロゴロしてます。


滝の間近に来ると、通路にめり込んだ大木があります。来訪者により木の表面にイニシャルなどが彫られていした。

入り口から約一時間、ついに比地大滝に到着!!!!!



木漏れ日が差し込んで綺麗です。

ここからは、自然を写した写真特集です。









次は、「沖縄と言えば・・・」の首里城です。お楽しみに!!

つづく!