クリア不可

もう動画紹介モードになっちゃってますが気にしませんww
そしてまた動画紹介です。

かの有名な怒首領蜂大往生です。

まぁ、東方みたいな弾幕系シューティングゲームですが、遥かにこっちの方が難しいのです。
俺もラウン●1に置いてあったのでやってみましたがもはや俺の知っているシューティングゲームではありませんでしたwww
一方的すぎてイジメの様になってるんですけどww
さらに、2003年に発売されたPS2バージョンには「デスレーベル」というモードがあ・・・、

当作品のプレイステーション2版には「デスレーベル」というモードが追加されている。

この「デスレーベル」は、ステージ道中はなく各ステージのボス前から開始となる、いわゆる「ボスラッシュモード」である。1周目のボスの攻撃は通常モードの2周目のボスよりも遥かに激しく、見て避けられる攻撃が少ないことが特徴。従って、「面の開始時に振ってくる5個のハイパー」と「面毎にストックが回復するボム」を駆使してボスを倒すことになる。 

ただし、ハイパーとボムの存在のおかげで1周目の難易度はそれほど高くない。

また1周目をクリアすると無条件で2周目に突入となるが、このモードの2周目では1周目と攻撃は同じであるものの、以下の厳しい条件が追加されている。
・残機没収
・面クリア時のエクステンド無し
・開幕時ハイパーアイテム供給停止
・ボムを使うとボスの耐久力が著しく回復(ボム縛り)
・2周目の最後に登場する「真・緋蜂-改」は、一部の攻撃が1周目の「緋蜂-改」と比べて弾数が2倍

つまり、ボスを倒す手段であったハイパーがなくなり、もう一つの手段であったボムも使用が制限された状態で、残機0のまま面を進んでいかなければならない仕様になっている。

その難易度は「人間にはクリア不可能」とされるほど高く、インターネット上でクリア達成報告をする者が初めて現れたのも、PS2版の発売から7年5ヶ月経ってからのことだった[6]。




この会社の方々はプレイヤーに"クリアさせること"を考えていないようですw

そして、ボスが繰り出す弾()はじっさいは動画で見るよりも速いとのこと・・・